【実録】単身赴任するときのネット環境はコレが最強だった!

デスクの上のパソコンとスマホ
単身赴任のネット回線

単身赴任先のネット環境どうするか・・・

私も当時は色々調べて、散々悩みました。
仕事での利用はもちろん、1人になる時間が必然的に増えるので、暇つぶしにも最適なネット環境は重要な要素の1つです。

そこで今回は、単身赴任先のネット環境をどうしようか悩んでいるあなたに、私の体験談+周囲の単身赴任経験者6人に聞いた「最強のネット環境をお伝えしたいと思います。

決め手となる三大要素

  • 面倒くさくない
  • 快適につかえる
  • なるべく安い

これらを踏まえた上でご紹介しますので、単身赴任先のネット環境選びの参考にしてください。




単身赴任先でネットを使うシーンを考える

単身赴任をすると、仕事のとき以外は基本1人です。

ある意味気楽な反面、いざ1人になってみると意外と寂しいものです。(特に子供がまだ小さいと恋しくなります涙)

そんな1人の生活の中のどんなシーンでネットを必要とするのか、先に頭に入れておくのが大切です。

仕事

仕事のメールや調べ物をする際にパソコンを使うなら、ネット環境は必須ですね。

スマホで何でもこなせる時代になったとは言え、すべての仕事をスマホだけでこなすのは流石に厳しいものがあります。

ネットに接続しないローカル環境でも使えるとは言え、ちょっとした検索も使えないようでは不便なので、仕事をスムーズにこなす上でもネットの存在は重要です。

暇つぶし

部屋で1人で過ごすときには、動画や映画を観たり、音楽を聴いたりゲームをしたり。ネット環境があると暇つぶしの時間が非常に捗ります。

特に最近は、amazonプライムビデオやHuluをはじめとした、動画配信サービスが非常に充実しているので、仕事のあとのノンビリした時間には最適です。

私は単身赴任中に、観たいと思っていたけど観れていなかった映画を総なめにしました。

家族との連絡

単身赴任中に家族の顔が見たくなった時は、iPhoneのフェイスタイムやLINE電話でテレビ電話をしていました。

モバイルのデータ通信でもテレビ電話はできますが、容量が大きいのですぐにギガ数を消費して、通信速度制限になってしまう危険性があります。

スマホが速度制限になったときの不便さは・・・体験した人なら分かりますよね?

結局耐えきれず、追加でデータ課金をする羽目になるので、余計な出費を増やさないためにもネット環境を整える必要があります。

単身赴任時の最適なネット環境は固定回線ではない!

ネット回線と言えば=固定回線、現在主流の光回線というイメージが強いと思います。

たしかに、速度面で見ても、安定感と快適さで見ても、光回線がネット回線の中で最強と言えると思います。

しかし「単身赴任中」に限定した話で言えば、実はそうでもないのです。以下にまとめたので見てください。

固定回線(光回線)のメリットとデメリットまとめ

まずは光回線を使うメリットから。

  • 速度が速い
  • 安定している
  • 使い放題

家で使うのなら、固定回線として光回線を引くのが1番おすすめです。

ただし、繰り返しますが単身赴任中では環境と条件が変わるので、このようなデメリットが挙げられます。

  • 工事をする必要がある
  • 使い始めるまで(開通)に時間がかかる
  • 引越しの時に面倒
  • 2年~3年の契約期間内の解約は違約金がかかる

光回線を導入するには、工事が必要になります。工事の予約をして開通するまでには、最低でも数週間~繁忙期なら1カ月以上の時間がかかります。

また、単身赴任をしている期間にもよりますが、契約期間内に解約をするという事になれば違約金を負担しなくてはなりません。

以上の理由から、単身赴任中のネット環境に光回線はあまりおすすめできません。

光回線を導入した知人の話

無類のネット好きである知人のS氏は、単身赴任中に引越し先に光回線を導入しました。当然利用している時には快適でしたが、最終的に工事費の残債+違約金の支払いをする必要があり、かなり手痛い出費になったそうです。いくらお得なキャンペーンを使って加入できるとは言え、利用する期間によっては損をする可能性も出てくるので、回線選びは慎重に行いましょう。

単身赴任時にスマホのテザリングを多用してはいけない理由

単身赴任時はスマホのテザリングをネット環境として利用しよう。そんな風に考える人も多いです。

それなら新たな契約も必要なく、スマホ1台あれば良いので手軽そうですよね。しかし、そこまでネットは使わないしこれで十分!と考えてテザリングを単身赴任中のネット環境として選択した知人のM氏の話によると

  • 通信速度が思ったより出なくて遅い
  • スマホのバッテリー消費が早い
  • 意外とGBを消耗して追加課金をした
  • 最終的にデータプランを上げる選択をしたが高い

これらのデメリットを感じたようです。

工事をしなくて良い、違約金を支払う必要がない、などのメリットがある反面、結局データプランを上げなければ対応できないなどの金銭的デメリットが考えられます。

スマホは仕事中にも使いますし、いざと言うときにバッテリー不足になってしまっても困りますよね。

【議論】テザリングとポケットWi-Fiはどっちが安くて便利?

2017.11.19

ちなみにフリーWi-Fiだけの運用も無理があります

最近では、コンビニやファミレス、駅の構内など、フリーWi-Fiが飛んでいる場所も増えてきました。

しかし、単身赴任先の住まいの近くに安全なフリーWi-Fiスポットがあるとも限りませんし、仕事やプライベートのネット利用を全てフリーWi-Fiの環境下で行うなんて現実的ではありません。

1日の利用時間に上限を設けているWi-Fiもありますし、ネット環境は自分で用意するようにしましょう。

フリーWi-Fiは危ない?カフェや海外で使用する際の注意事項!

2017.07.24

どうしても利用する際は、信用できる会社が運用しているフリースポットを利用して欲しいですが、仕事に関することや重要な個人情報へのアクセスは避けましょう。

【レポート】外で使えるWi-Fi&便利なスポット検索方法まとめ

2018.03.20

単身赴任をするならネット回線はWi-Fi一択!

上記の理由と、私を含め単身赴任経験者の得票数から、単身赴任時のネット環境は「Wi-Fiルーターが最強」という結論に至りました。

Wi-Fiルーターとは、ポケットWi-FiやWiMAXと呼ばれるものです。最近ではスマホと一緒に持ち歩く人も増えていて、通信速度も非常に速いのでおすすめです。

持ち歩けるタイプ、据え置きのタイプ共に契約してすぐに使える(工事をする必要がない)というのもメリットの1つと言えますね。

以下にWi-Fiルーターを利用する際のメリットとデメリットをまとめます。

Wi-Fiルーターのメリットとデメリットまとめ

単身赴任中という環境下でWi-Fiルーターを利用した際のメリットについて先に挙げてみます。

  • 通信速度が速い(最大700Mbps以上)
  • データ容量使い放題
  • 工事の必要がないので契約翌日から使える
  • キャンペーンを利用すれば月額3,000円以下
  • 屋内外問わずにどこでもネット接続できる

これだけ見ても単身赴任中のネット環境としては魅力的だという事が分かりますね。

次にデメリットについてもきちんと確認しておきましょう。

  • エリア外だとネットにつながらない
  • 契約期間は2年~
  • スマホのデータプランを見直す必要がある

Wi-Fiルーターのネット回線は、固定回線と違ってスマホと同じように電波なので、エリアの外では使えません。(最新端末はauの4GLTEエリアが使えるので人口カバー率99%になりました)

また、契約期間は2年~という事と、スマホのデータプランを下げてWi-Fiルーターに接続した方が安いため、プラン変更の手間はあります。

スマホのデータプランを下げる+Wi-Fiルーターを持つことで結果的に安くなりますし、モバイル型のWi-Fiルーターであればどこにでも持ち歩けるため非常に使い勝手が良いので、個人的にはこれらのデメリットはあまり考慮する必要がないと感じています。

損してない?持ち歩きルーター(WiFi)を最安で使いまくる方法

2018.01.12

用途別おすすめのWi-Fiルーター

Wi-Fiルーターには、持ち運べる「モバイル型」と部屋のコンセントに繋げて使う「据え置き型(ホームルーター)」の2種類があります。


持ち歩いて1日中スマホを接続したい節約派はモバイル型

毎日持ち歩いてスマホに接続して使いたい、外でパソコンを使うことがある、という場合ならモバイルタイプが便利です。

最新のモバイルWi-Fiルーターは非常に高速で、最大速度は光回線に迫るほどなので、快適にインターネットを楽しめますよ。

以下の関連記事内で紹介しているキャンペーンを利用すれば、月額最安+最新端末がタダです。

【最新W05対象】WiMAXが2年最安&4GLTE無料のキャンペーン!

2018.02.12

ネットを使うのは主に家の中であれば電波強度の強い据え置き型

外に持ち運ぶのは面倒臭い、家の中で使えれば十分という場合は、自宅に据え置くタイプのホームルーターがおすすめです。

工事の必要はなく、家のコンセントに挿すだけで使えるので、引越しの時も移動が簡単です。

また、モバイルタイプに比べて電波強度も強く、一度に大量の端末を繋ぐことができるのも特徴です。

以下の関連記事で人気のホームルーター2機種を比較しています。

Airターミナル3とSpeed Wi-Fi HOME L01を比較・検証してみた

2017.11.10

用途に合ったWi-Fiルーターを選択すれば、当然満足度も高まりますので、それぞれの特徴を事前にチェックしておきましょう。

レンタルWi-Fiは逆に高いのでおすすめできない

レンタルWi-Fiは短期間の利用では出費を安く済ませることができますが、長期間の単身赴任の場合は逆に高くつきます。

高額キャッシュバックのキャンペーンがない、最新の高速端末を選択できない、などのデメリットがあるので、短期的な応急処置の利用であれば良いのですが、総合的に見ると自分で新規契約をしてしまった方がお得で利便性が高いと言えます。

WiFiをレンタルするのと買うのはどっちが得かシーン別に考察

2018.02.16

単身赴任時のネット環境は利便性・手軽さ・料金の安さで選ぼう!

単身赴任中のネット環境は、何にすれば良いか迷うテーマの1つと言えますが、私たちの生活の一部を担う大切な存在なので、しっかりと良いものを選ぶ必要があります。

今回の記事の内容をまとめると

  • 工事費や違約金のかかる光回線はおすすめできない
  • テザリング運用は逆に高くつく
  • フリーWi-Fiだけで過ごすのは難しい
  • Wi-Fiルーターを使えばスマホ代の節約にもなる
  • Wi-Fiはレンタルよりも自分で契約した方が安い

「単身赴任中」という限定的な環境で言えば、現時点でWi-Fiルーターが最強のネット環境です。

使い放題のプランで通信速度も速く、エリアも一昔前に比べてかなり広くなったので、きっとあなたの単身赴任中の良き相棒になってくれるはずです。

  1. 最短翌日で届く
  2. キャンペーン利用で実質月額3,000円以下
  3. 高速通信対応の最新端末が無料

これらの要素もポイントが高いです。

単身赴任が決まったら、早めにネット環境の準備をして、赴任先でも快適にインターネットを使えるようにしましょう。

>今月のWi-Fiルーター最安キャンペーン

かんきち

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ネット回線・ポケットWi-Fi・格安SIMの最新情報も是非チェックしてください。

今1番お得なキャンペーンもランキングにしています。



デスクの上のパソコンとスマホ



初心者でも失敗しない!
ポケットWi-Fiおすすめランキング

持ち運びに便利なWi-Fiルーターが欲しいけど、どれを選んだらいいか分からない!というあなたに絶対に失敗しないおすすめランキングをご用意しました。







タイプ別で一目瞭然!
厳選おすすめ光回線7選

光回線を新規契約したい、または乗り換えたいというあなたへ「厳選のおすすめ光回線7選」をお届けします。失敗しない選び方と最新キャンペーン情報もまとめました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

どうも。かんきちです。

もともとインターネットの事が全然詳しくなかったのですが、趣味であれこれ調べている内に周囲にアドバイスできるレベルに詳しくなってしまったのでサイト化。えらそうに語れるほどではありませんが、ネット関係で困ってる方の助けになればと情報シェアしてます。質問にも答えられる範囲で答えます。

趣味は料理と畑いじりとドライブ。世界一の嫁さん、宇宙一の娘、東京一のインコと都内に4人暮らし。