ポケットWi-Fiおすすめランキング【失敗しない選び方】

ポケットWi-Fiおすすめランキング
ポケットWi-Fiのランキング解説
かんきち

ポケットWi-FiとモバイルWi-Fiルーターって別もの?

外へ持ち歩けて、通信量を気にせず使えて、速度がはやくて、できるだけ安いWi-Fiを契約したいならどうすれば?

私も最初はちんぷんかんぷんでした。調べたこと、まとめてみたので読んでみてください。

迷っている方の助けになれば幸いです。

現在では、インターネットが生活に必要不可欠なものとなりつつあります。外出先でもインターネットを使えると、さまざまシーンで活躍できます。

スマホでインターネットをするという手もありますが、画面が小さいため、やや使いづらいという問題があります。

そういう場合はノートパソコンやタブレットを使うのですが、これらをインターネットにつなげるのには「ポケットWi-Fi」がうってつけです。

ランキングに移動するボタン

もくじ

そもそもポケットWi-Fiってどんなもの?

ポケットWi-Fiとモバイル端末大集合

ポケットWi-Fiは、「モバイルWi-Fiルーター」の一種ですと言ってもこれだけではわかりにくいですよね。

まず「ルーター」というのは、パソコンやスマホなどをインターネットとつなげてくれる機器のことを言います。

「Wi-Fi」は、ルーターの中でも無線式のものを指しています。ちなみに無線LANのすべてがWi-Fiというわけではありません。

無線LANの中でも、WECAという団体が認定したブランドがWi-Fiと呼ばれている、というのが正確なところです。ただし今日では、ほとんどの無線LANがWi-Fi認定を受けています。

「モバイル」はそのまま持ち運びができるという意味ですね。つまりポケットWi-Fiは、携帯用の無線インターネットだと考えて良いでしょう。

ただし、無線LAN=Wi-Fiではないように、モバイルWi-Fiルーター=ポケットWi-Fiではありません。ポケットWi-Fiも、モバイルWi-Fiルーターの中の通信方式の1つとなっています。

ポケットWi-FiとモバイルWi-Fiルーターの違いとは?

モバイルWi-Fiルーターには「docomo系」「ソフトバンク系」「au系」という3種類の通信方式があります。

これら各社はそれぞれに通信網を持っていて、別個にサービスを提供しています。ポケットWi-Fiはこの中でも、ソフトバンク系に含まれる機器です。

ソフトバンクの子会社であるワイモバイル社が提供しているサービスで、この方式を使っているモバイルWi-Fiルーターが、「ポケットWi-Fi」だということになります。

docomoでは「Xi」(クロッシィ)データ通信というシステムを使っているモバイルWi-Fiルーターを提供しています。

またauの関連会社であるUQコミュニケーションズ社が、「WiMAX」というモバイルWi-Fiルーターを提供しています。

このように、厳密にはポケットWi-FiとXiとWiMAXは違うものです。しかしそう言い切ってしまうのにも、多少の問題があります。

たとえば「エスカレーター」と言えば、あの動く階段を思い浮かべますよね?しかしエスカレーターというのは、元はオーチス・エレベータ社が販売した階段式昇降機の商品名でした。それが巷に広がり一般的な名称として使わえるようになったのです。

このように、商品名が一般名称として使われる例はよくあることです。つまりポケットWi-Fiも、モバイルWi-Fiルーターの一般名称として使われることがよくあるということです。

些細な違いと思えるかもしれません。しかしこのあたりの事情を知らないで、ポケットWi-Fiという言葉だけで選ぼうとすると、知らず識らずのうちにdocomo系やau系のモバイルWi-Fiルーターを除外してしまうケースもありえますので注意が必要です。

なお、この記事ではポケットWi-Fiを、各社のモバイルWi-Fiルーターサービスを含めた一般名称として扱っていきます。

大元 含まれるもの

ルーター 有線LANルーター、無線LANルーター
無線LANルーター Wi-Fiなど
モバイルWi-Fiルーター Xi、ポケットWi-Fi、WiMAXなど

ポケットWi-Fi・4つのメリット

パソコンを操作する手

ポケットWi-Fiには、大きく分けて4つのメリットがあります。それぞれについてみていきましょう。

1.どこでも高速通信!場所を選ばずインターネット

まずポケットWi-Fiには、どこにでも持ち運べるという大きな利点があります。手のひらサイズのコンパクトな機器ですので、たいした荷物にはなりません。

ポケットWi-Fiさえあれば、どんな場所でも端末とインターネットをつなげられる。これがポケットWi-Fiの最大のメリットと言って良いでしょう。

2.工事不要で使い始めるのが簡単

ポケットWi-Fiは、固定回線に比べて最初の準備が簡単です。たとえば引っ越しした場合など、光回線を引くとすると、申込みからじっさいの回線工事を終えるまでかなりの日数がかかってしまいがちです。

しかしポケットWi-Fiを持っていれば、引っ越し直後からすぐにインターネットを使うことが可能です。また、ポケットWi-Fiを持っていない場合でも、契約してポケットWi-Fiを手に入れれば工事無しですぐにインターネットを始められます。

さらに最近のポケットWi-Fiでは、最初の設定もかなり簡単になっています。面倒な手間をかけずにインターネットを始めるには、ポケットWi-Fiはとてもすぐれた機器だと言えるでしょう。

3.パソコンやスマホをつないで通信費節約

使い方によっては、ポケットWi-Fiによって月々の通信費用を節約できる場合があります。たとえば家で使うパソコンとは別に、外出時用のタブレットなど複数の機械を持っている場合などです。

通常なら複数の機械を持っているなら、それぞれの端末ごとに通信契約を結ばなければいけません。しかしポケットWi-Fiを持っていれば、それ1つで複数の機械でインターネットを利用することが可能です。

他にも、ポケットWi-Fiで「スマホの利用料金を減らせる」ケースもあります。

スマホの場合、通信量の上限が決まっていて、それを越えると通信が制限されてしまいます。そのため、通信制限を受けないように高額なプランを利用したり、追加で通信量を買ったりしている人がほとんどです。

ポケットWi-Fi経由でインターネットを使った場合、スマホの通信量は消費されません。ですから、スマホの料金プランを低額なものに変えることができるのです。

ただし、ノートパソコンやタブレットなどを持っておらず、スマホでしかインターネットを使わない場合などでは、スマホだけの契約にしておいた方が安くつくケースが多いでしょう。

4.ポケットWi-Fiは引っ越しで解約しなくて良い

ポケットWi-Fiには、引っ越しの時に解約しなくて良いという利点もあります。これは「解約費用」の問題に関係します。

固定回線もポケットWi-Fiも、解約する時には解約費用が発生します。しかしポケットWi-Fiなら、次の家にそのまま持っていけるので、よけいな解約費がかからないわけです。

ちなみに、固定回線でもポケットWi-Fiでも解約費用がかからない場合もあります。それは契約期間が「ちょうど」切れている時です。

たとえば2年契約を結んでいる場合、ちょうど2年たった時期なら解約費は取られません。しかし2年契約だからと言って、2年間使い続ければその後はいつでも解約できるというわけではないのです。

2年目の訪れる解約期間(だいたい30~60日)をすぎてしまうと、次に無料で解約できるのはさらに2年後になってしまいます。

このように、近いうちに引っ越しを考えている人などは、ポケットWi-Fiにしておいた方が、費用もおさえられますし手間もかかりません。

ポケットWi-Fi・4つのデメリット

吠えるライオン

ポケットWi-Fiには、メリットだけでなくデメリットもあります。契約前にはデメリットをよく知っておくことが大事ですので、そちらも確認しておきましょう。

1.つながらない地域がある

ケータイやスマホは電波が届かなければ通信に使えません。ポケットWi-Fiでも同じように、利用不可能なエリアが存在しています。

つまり住んでいる場所によっては、自宅がポケットWi-Fiのエリア外というケースも考えられるというわけです。こうなったら、ポケットWi-Fiはまるで役に立ちません。

ですから、ポケットWi-Fiの契約をする前には、自宅や仕事先など、よく行く場所が通信エリア内であることを確認することが必須条件となります。

ポケットWi-Fiでも、docomo系ソフトバンク系au系ではカバーしている地域が違っています。

それぞれの名称をクリックすると、公式ページが開かれます。そこで自分の住所の通信状態を調べてみてください。

上でも書きましたが、Xiならdocomo系、ポケットWi-Fiならソフトバンク系で、WiMAXならau系です。

ただし条件によっては、エリア内でもうまく通信ができない場合があります。周囲を高い建物に囲まれている家などでは、ポケットWi-Fiがうまく機能しづらいようです。

お使いのスマホで判断する

スマホの通信がうまくいかないような家なら、同じ系列キャリアのポケットWi-Fiもうまく通信できないと考えておいた方が良いでしょう。その場合は、他のキャリアのポケットWi-Fiを選ぶようにしてください。

2.ポケットWi-Fiは安定性・通信速度が光回線より劣る

ポケットWi-Fiはどこでも使えるとは言うものの、場所によっては通信が途切れたりする場合もあります。このように、安定性では固定回線にかないません。

また、通信速度も光回線の方が上です。ただし、調べ物をしたり音楽を聞いたりといった普通の使い方なら、ポケットWi-Fiでも問題ありません。

通信速度が問題になってくるのは、大量のデータをアップロードしたりダウンロードするような使い方をする場合です。

よく考えられるのは、3Dで情報量の多いオンラインゲームなどで遊ぶケースでしょうか。こういったゲームをポケットWi-Fiでプレイすると、ラグが発生して快適に遊べないことがありえます。

3.3日間単位で通信量に制限がある

スマホと同じように、ほとんどのポケットWi-Fiでも通信量に上限が設けられています。

「容量無制限」と宣伝していることもありますが、たいがいは決められた上限を越えると急激に通信速度が遅くなります。ですから、実質は無制限ではないと考えたほうが良いでしょう。

注意点として、ポケットWi-Fiの上限は1ヶ月では無く「3日間」で調べられることが多いというものがあります。

つまり3日間ずつのかたまりで日々通信量が調べられていて、1月のどの場所でも、3日間の合計通信量が規定値(10GB程度が多い)を越えると、通信制限がかかります。

ふだんはあまりインターネットを使わなくても、連休でずっとインターネットを使ってしまったという場合などでは、3日間制限に引っかかることがありえるわけです。

通信速度の項目と同じく、通信量を多く使う人は固定回線の方が快適に使える場合が多くなります。毎日何時間も動画を見続ける人や、何時間もオンラインゲームをするヘビーユーザーは、固定回線をメインにした方が良いでしょう。

もちろんそういう人でも、外出用にポケットWi-Fiを併用すると、さらに便利に使えるようにはなります。

4.毎日の充電が必要

外出時にポケットWi-Fiのバッテリーが切れてしまうと、いくらノートパソコンのバッテリーが残っていてもインターネットが使えなくなってしまいます。

製品によって連続通信可能時間は違いますが、おおむね6~10時間といったところです。数年前までは4時間程度が普通でしたが、最近の機種はだいぶ性能が上がっています。

性能上昇により、バッテリーの問題は大きなデメリットではなくなってきています。しかし、よくスマホの充電を忘れるような人は、ポケットWi-Fiを契約する前に十分に検討すべきでしょう。

ポケットWi-Fiの充電には数時間かかりますので、でかけるまえにバッテリー切れに気付いても手遅れになってしまいます。

最悪だ!と後悔する前に知るべきポケットWi-Fiのデメリット

2017.07.05

ポケットWi-Fiを探すおすすめの方法

オシャレなデスク

ここまでの記事で、ポケットWi-Fiがどういうものかと、そのメリットとデメリットはおおむねにわかってもらえたかと思います。

次に、ここまで読んでポケットWi-Fiが気になったという人に、どういう風にポケットWi-Fiを選べばよいのかを解説していきます。

実はポケットWi-Fi選びで回線速度の数字は重要ではない

ポケットWi-Fiを販売しているサイトを見ると、「通信速度」という情報が載っているはずです。しかしこの通信速度は、実はそれほど重要ではありません。

まず、この公表されている通信速度は、最高の条件が整っている場合に出うる理論値にすぎません。そのため、普通に使ってこの速度が出ることはありません。

それに、そこまでの通信速度が必要な場面も通常ありません。必要になるのは、FPSや格闘ゲームなどの、反応速度が重要がゲームをプレイするときぐらいのものでしょう。

前述の通り、そうしたゲームを楽しみたいなら固定回線を引くべきです。つまりポケットWi-Fiの使い道から考えると、最高速度はそれほど大切ではないということです。

むしろ表記されている最高速度より、安定して一定以上の通信速度が出てちゃんと繋がるという「安定性」のほうがずっと大事な要素となります。

大手キャリアのものを選ぶのが正解?

docomo、ソフトバンク、auの大手キャリアではポケットWi-Fiを取り扱っています。しかしポケットWi-Fiを使うのに、これら大手キャリアを選ぶのはおすすめできません。

なぜならば大手キャリアでは、キャッシュバックなどのキャンペーンが少なく、しかも月々の通信料金も高めだからです。

ソフトバンク系で選ぶなら、ソフトバンク本体でなくYahoo!などのポケットWi-Fiを。au系で選ぶなら、auショップではなく、GMOなどのWiMAXを選ぶようにしましょう。

同じ系列であれば、使っている回線も同じものですので、ポケットWi-Fiの使用感は変わりません。そのわりに安くつくので、こちらを選ばない理由はないでしょう。

あえて言うなら、大手ブランドの安心感が欲しいという人なら、大手キャリアのポケットWi-Fiという選択肢もある、といったところでしょうか。

ポケットWi-Fiは通信量無制限を選ぼう

通信量の制限がないプランを選んでたっぷり使うのがおすすめ

ポケットWi-Fiには、月ごとの通信制限があるものと無制限のものがあります。これは無制限のものを選ぶのがおすすめです。

そもそもポケットWi-Fiは、外出時によくインターネットを使う人や、自宅で固定回線の代わりに使いたい人が利用するものです。

そうした使い方なら、ある程度の通信量がないと快適なインターネット生活は送れません。逆に、持っている機器がスマホだけで、しかもたまにしかインターネット使わないという人なら、あえてポケットWi-Fiを契約するメリットはあまりないのです。

ですから、無制限プランにして自宅用と外出用のインターネットをすべて、ポケットWi-Fiでまかなってしまうというのが基本的な使い方になるでしょう。

ちなみに前述の通り、無制限と言っても本当の無制限ではありません。3日間制限があるのが普通です。

とは言え、通信制限に引っかかっても1Mbpsは使えるプロバイダもあります。1Mbpsあれば高画質のものでなければ動画も視聴可能です。

ただしdocomoなど、信制制限の絞りが非常に厳しく、まともにインターネットが使えなくなるサービス会社もあります。

製品(機種)の性能は重要視した方がいいのか?

ポケットWi-Fiは、各キャリアが製品を販売しています。しかしその性能にはあまり差がありません。

基本的には、同時期に発売されたポケットWi-Fiなら、同じような性能があると考えてかまいません。

ポケットWi-Fiはどんな製品を買うかよりも、どの「プロバイダ」が提供しているサービスなのかが大事です。

同じ製品でも、プロバイダによって、データ容量や通信制限、月額などの条件が大きく変わってくるからです。

ポケットWi-Fiを安く使う工夫

ポケットWi-Fiは毎月使うものですので、料金も非常に重要なポイントになります。

まず前述のように、大手キャリアはやめておきましょう。たとえ同じポケットWi-Fiを買う場合でも、値段が変わってきてしまいます。

ポケットWi-Fi選びは慎重に

ポケットWi-Fiを買うなら、端末費無料キャンペーンや、高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダのものを選びましょう。これで「数万円」の差が出ることも珍しくありませんので、ぜひとも慎重に検討してください。

レンタルポケットWi-Fiはどうか?

レンタルWi-Fiの使い勝手は?

ポケットWi-Fiを購入するのではなく、レンタルするという方法もあります。レンタルのメリットとしては、端末費用がかからないために、安くインターネットができるというものがあります。

しかし端末費用無料や、キャッシュバックキャンペーンをやっているプロバイダを選べば、その差はほとんどなくなってしまいます。

むしろレンタルの本当のメリットは、ポケットWi-Fiを試せるというところにあるでしょう。

せっかくポケットWi-Fiを導入しても、思ったより使わなかった、通信エリアに含まれているのに家の中でうまく受信できなかった、といった事が起こらないとは限りません。

契約してしまっていると、問題が起こった時に解約費用がかかってしまうのが普通です。これがレンタルだと、1月分なら1月分で終わりにしてしまうことが可能です。

そういった意味で、まず試しとして1ヶ月レンタルしてみるというのは、悪くない方法だと言えるでしょう。1ヶ月使って問題がないようなら、ポケットWi-Fi購入に切り替えれば良いのですが、もちろんこの方法だと二度手間になってしまいます。

自分がポケットWi-Fiを十分に使うとわかっていて、通信に問題ないエリアに住んでいるならば、最初から購入してしまった方が逆に費用も抑えられ、充実したキャッシュバックなどのキャンペーンも受け取れるため良いでしょう。

ポケットWi-Fiおすすめランキング

かんきち

私がポケットWi-Fiを最初に契約するときに比較・調査をして選んだおすすめ順にランキングにまとめました。

端末代が無料になったり、高額なキャッシュバックを確実に受け取れるので、ぜひ参考にしていただきまして快適なインターネット環境を手に入れてください。

ここまでにポケットWi-Fiを選ぶコツを書いてきました。しかし自分で探すのはめんどくさいという人も少なくないでしょう。

そうした人のために、ポケットWi-Fiのおすすめランキングを載せておきます。よければ参考にしてみてください。

ただし、キャンペーンなどは頻繁に変化があります。ここで書いてあることとは違っている場合がありますので、必ず公式サイト(キャンペーンサイト)でも確認するようお願い致します。

1位【GMOとくとくBB】は端末代無料+高額キャッシュバックで少しでも安いポケットWi-Fiを探している人におすすめ!

ランキング第一位 とくとくBBWiMAX
初期費用 事務手数料3,000円+端末代0円+端末送料0円
月額費用 ギガ放題プラン:初月・2カ月目:3,609円/3カ月~24カ月:4,263円/25カ月~:4,263円
ライトプラン(7GB):ずっと3,609円
お得度 ★★★★★
契約期間 2年間
特典 33,000円キャッシュバックまたは、29,000円キャッシュバック+クレードル無料を選べます(※金額は機種によって変動)

  • 解説

栄えあるおすすめランキング1位は、GMOインターネット株式会社の「GMOとくとくBB」です。

まずこのプロバイダでは、「端末費用が無料」になっています。さらに専用クレードル代金も無料です。

ちなみに専用クレードルとは、ケーブルを差さずに置くだけでポケットWi-Fiの充電ができるようになる機器の事です。さらにアンテナが付いているので電波強度も増して安定します。

クレードルを使って電波を安定させる

クレードルに差したまま自宅でインターネットができるので、非常に便利な機械です。また、毎日充電するのにいちいちケーブルを使うのは面倒ですから、手軽さという点でもクレードルはぜひとも欲しい機器です。

さらにGMOとくとくBBでは、最大で「33,000円」のキャッシュバックキャンペーンまでおこなっています。これらを計算すると、他社のサービスとはかなり利用料金に差がつく結果となります。

GMOとくとくBBでは、au系のWiMAXを扱っています。ですから、auのスマホを利用しているなら、auスマートバリュー mineによって、更に料金割引が受けられます。

ほかにGMOとくとくBBでは、端末を即日発送してくれるというのもありがたいところです。これにより、契約してからすぐにインターネットを使うことが可能になっています。


  • GMOとくとくBBでWiMAXを契約した人の口コミ
30代女性

出先でもちょっとパソコンを使いたい時に便利だと思ってWiMAXを契約しました。とくとくBBさんでお願いしたらキャッシュバックが付いてきて最新機種も無料!ほんとにお得でした。すぐに送ってくれて快適に利用してます。

20代女性

スマホのギガ数を気にしながら使ってるくらいなら使い放題のワイファイを持ちたいと思って申し込みました。思ってたより速いし繋がるし、始めて良かったです。とくとくBBのキャンペーンで3万円貰えるのは大きすぎ。

20代男性

友達がWiMAX持ってて良さそうだったから自分でも使い始めることに。割引とかキャッシュバックで至れり尽くせりな感じで感謝してます。3日制限を心配してたけど、全く気にならないですね。10GBはなかなか超えないです。


このサイト限定で最大割引+クレードルサービスを受け取れます。

2位【BroadWiMAX】は月額費用最安のWiMAX!通信端末を持っていない人には特におすすめ

ランキング第二位 BroadWiMAXは月額最安値で通信端末付きのプランも選べる!
初期費用 事務手数料3,000円+端末代0円+端末送料0円
月額費用 ギガ放題プラン:3カ月:2,726円/4カ月~3,411円
ライトプラン(7GB):24カ月目まで:2,726円/25カ月目~3,326円
お得度 ★★★★☆
契約期間 2年間
特典 WEB申込みで18,857円の割引/月額600円~タブレットやパソコンをセットで使える

  • 解説

「BroadWiMAX」もおすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBと同じく、BroadWiMAXでも端末費用が無料です。また、BroadWiMAXもWiMAXですので、auスマホなら割引が受けられます。

WEB購入とクレジットカードでの支払いという条件はありますが、BroadWiMAXでは18857円の割引サービスを実施しています。

さらに月々の通信費用も、使い放題プランで「3411円」という、リーズナブルなものとなっています。その安さから、9割以上の人が使い放題プランを選択するようです。

他にBroadWiMAXで契約すると、タブレットやノートパソコンを同時に使えるオプション契約があります。

たとえば月額600円上乗せすれば、ポケットWi-Fiと一緒にタブレットを受け取ることができます。しかもオプション料金はずっと払い続ける必要はなく、2年間支払ったところでタブレットは自分の所有物になります。

同じようにパソコンなら、月額2200円で2年間の支払いで使うことができます。現状でパソコンやタブレットを持っていないなら、このサービスで一緒に手に入れると便利でオトクです。


  • BroadWiMAXでWiMAXを契約した人の口コミ
50代女性

月々の費用がお安いのでこちらで契約させてもらいました。月にプラス600円でタブレット端末も使えて最終的に自分の物になるのも助かりますね。通信速度もはやく安定していて使用中の不自由もなく便利に使っています。

20代女性

月額が安いブロードWiMAXにしたっていう友人が多くて自分もここを選びました。最初は2,700円のプランにしようと思ったけど、やっぱり使い放題の方がいいと思って変更しました。それでも月3,400円は安いです!

40代女性

娘に教えてもらって格安SIMの携帯電話に変えたと同時に、こちらでインターネットも使わせてもらうことにしました。動画やテレビ電話を使っても制限は掛からず、月3,000円ちょっとならとってもリーズナブルですよね。


このサイト限定でWEB限定の最大割引を受け取れます。

3位【Yahoo! WiFi】は月額業界最安値!費用を抑えたい人におすすめのWi-Fiルーター

ランキング第三位 業界最安値のポケットWi-Fi Yahoo!Wi-Fi
初期費用 事務手数料3,000円+端末代0円+端末送料0円
月額費用 (5GB制限あり):初月~12カ月目まで1,980円/13カ月目~2,480円
お得度 ★★★☆☆
契約期間 3年間
特典 同時申し込みでYahoo!プレミアムが6カ月間無料/プレミアムGYAO!を申し込みの場合も3カ月間無料

  • 解説

Yahoo! WiFiは、ソフトバンク系のポケットWi-Fiです。こちらも端末費用無料のキャンペーンをおこなっています。

Yahoo! WiFiの特徴は、ヤフープレミアムとの同時入会でお得になるというものです。通常3696円の利用料金が、ヤフープレミアム会員になることで、2480円になります。さらに現在はサービスで最初の1年目は1980円にまで割引されています。

さらにヤフープレミアム会員の方も、最大6ヶ月間無料になります。ちなみに無料期間が切れたとしても、ヤフープレミアム会員は月額462円ですので、普通にポケットWi-Fiだけを申し込むよりだいぶお得です。

他にプレミアムGYAO!にも同時入会すると、その費用も最大3ヶ月分無料になります。これらのサービスに興味があるなら、Yahoo! WiFiはとても良い選択肢だと言えるでしょう。

ただし、上記プランの申し込みだと、月の通信量が5GBまでと制限されていますので、1位と2位のWiMAXのように使い放題のイメージで使用できないのが注意点です。


  • Yahoo!Wi-Fiを契約した人の口コミ
20代男性

Yahoo!のサービスと同時契約で安く使えるという部分に興味を持って契約しました。ポケットWi-Fiの電波と、SoftbankのLTEを切り替えられるのでスマホと同じ感覚で使えますが、ギガ数制限があるので使いすぎ注意です。

30代男性

業界最安という事でキャンペーンで加入しました。通信量が思ったよりもすぐ消費されてしまい、満足に使えなかったので結局あとから使い放題のプランの方に変えました。結果WiMAXと料金はほぼ変わらなかったです。

20代男性

スマホがソフトバンクなので、このポケットWi-Fiを選びました。端末もカッコイイので気に入ってます。安いWi-Fiルーターを探している人には凄くおすすめできますけど、動画とかゲームでヘビーに使うなら物足りないかな?


このサイト限定でWEB限定の最大割引を受け取れます。

ポケットWi-Fiは自分にあったプロバイダで契約しよう

大手量販店のWiMAXブース

スマホやパソコンなど、複数の端末を持っているのならポケットWi-Fiが便利です。通信回線をポケットWi-Fi1つにまとめれば、かなりの節約にもつながるでしょう。もちろん、外出先で自由にインターネットを使えるという大きな魅力もあります。

ポケットWi-Fiを使うなら、どのプロバイダを選ぶかがとても大事です。通信可能エリア、通信料金、お得なキャンペーンなど千差万別ですので、自分のライフスタイルに合わせて納得がいくものを選びましょう。

かんきち

ポケットWi-Fiのこと、おわかりいただけましたか?

ネット系のサービスってプランが複雑だったり、初心者には優しくないですよね。私もかなり苦労しました。

当サイトうぇぶまにあでは、ネット回線のことやポケットWi-Fiのことをはじめ、インターネット関連の話題を多く取り扱っているので、他のページも是非ご覧になっていってください。

→ ネット回線とポケットWi-Fiのおすすめ