au新プラン4割値下げでお得に?月額料金はいくらかかるのか

ドコモに続きauも新プランを発表し、2019年6月1日からサービス提供開始となります。

現状の料金プランより最大で4割値下げということですが、どのくらいお得になるのか確認していきましょう。

新プランの概要もしっかりご紹介しますので、プランの見直しを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。




au新プランは段階制・定額制・無制限の3つ

発表されたau新プランは全部で3つあります。

段階制の「新auピタットプラン」、定額制の「auフラットプラン7プラス」、データ通信が無制限の「auデータMAXプラン」です。

3つのプランの共通点はデータ通信に重点を置いたプランだということです。

データ通信量が少ない方、多い方、月によってばらつきがあるけれど無駄なく使い方、それぞれ自分の使い方に合わせてプラン選択が可能です。

▼auだけではなくドコモの新プランも気になる方はこちらをご覧ください。

ギガホ・ギガライトは本当にお得?4割値下げのドコモ新料金プラン

2019.04.26

新auピタットプランを旧プランと比較

新auピタットプランはその月の通信量に合わせて、最大7GB/月まで3段階で料金が変わるプランになっています。

現在も段階制で料金が変わる「auピタットプラン」がありますが、こちらは5段階制で最大20GB/月までとなっています。

新プランも旧プランもスタートの金額が安く、データ通信のほとんどをWi-Fi環境の中でしか行わない方におすすめのプランです。

では、月額料金はどのくらい変わったのか表にまとめたので比較していきましょう。

【下記新プラン】

プラン名 データ容量 月額料金
新auピタットプラン ~1GB 2,980円(税抜)
~4GB 4,480円(税抜)
~7GB 5,980円(税抜)

 

【下記旧プラン】

プラン名 データ容量 月額料金
auピタットプラン ~1GB 2,980円(税抜)
~2GB 3,980円(税抜)
~3GB 4,480円(税抜)
~5GB 5,480円(税抜)
~20GB 6,480円(税抜)

各キャンペーン・割引サービスを適用させると結果が変わる可能性はありますが、最大までデータ通信を行った場合新プランの方が500円安くなっています。

しかし新プランでは最大7GB/月、旧プランでは最大20GB/月なので、料金は500円だけの違いなのに最大のデータ通信量には13GBも差があります。

新プランに変わって少し損した気分になりますが、そもそも毎月最大値までデータ通信量が発生するようであれば、段階制プランはご自身の使い方に合っていない証拠です。

これから下記で紹介する定額制・無制限のプランを検討しましょう。

▼データ通信量ってどのくらいで消費するのか、目安が気になる方はこちらを参考にしてみてください。

5GBってどのくらい?分かりにくいギガ数を丸裸にしました

2017.08.30

auフラットプラン7プラスのメリット

auフラットプラン7プラスはデータ通信量が毎月7GB使える定額制のプランです。

一般的には7GBあれば充分なデータ通信量であり、auも公式サイトでauのスマホユーザーの約半数は1GB~7GBのデータ通信量を利用していると紹介しています。

また、Facebook、インスタグラム、Twitter、+メッセージ(2019年秋以降対応予定)はデータ通信量に含まれません。

スマホではほとんどをSNSの閲覧・投稿でしか利用しないという方は通信制限を気にすることなく、余裕たっぷりで利用できるのもauフラットプラン7プラスのメリットです。

プラン名 データ容量 月額料金
auフラットプラン7プラス 7GB 毎月5,480円(税抜)

キャンペーンや割引サービスの適用がない状態だと月額料金的には、旧プランより安くなったと感じにくい正直微妙なラインです。

旧プランでは2種類のうちauフラットプラン20GBの場合、毎月の月額料金が5,500円(税抜)なので、新プランとの差は20円です。

確かに微妙に安くなりましたが20GBたっぷり使えてたことを考えると、旧プランの方がお得に感じますよね。

しかし旧プランはSNSの利用もデータ通信量に含まれます。

なかなか居ないとは思いますが・・毎月20GB以上SNSでデータ通信量を消費しているという方は新プランの方がお得です。

無制限!auデータMAXプランはお得

auデータMAXプランはデータ通信量が無制限の使い放題のプランです。

新プランの中で、唯一旧プランに類似するプランがありません。

使い放題とはいえ、テザリングやデータローミング、データシェアには制限があり、最大で20GB/月までとなっています。

それでも充分魅力的ですよね。毎月20GB、30GBとがんがんデータ通信を行う方には非常におすすめのプランです。

月額料金は8,980円(税抜)と他のプランに比べ高めではありますが、追加でデータチャージを何度もするくらいならお得ではないでしょうか。

各キャンペーンや割引サービスを適用させればさらに安くなり、一番安い状態で5,980円(税抜)で利用することも可能です!

キャンペーンの一つに「auデータMAXプラン スタートキャンペーン」のスタートを予定しています。

キャンペーン内容は、auデータMAXプランの料金から6ヶ月間毎月1,000円の割引を受けることができるというものです。

夏に乗り換え・新規契約予定の方だけではなく、サービス開始から2019年9月30日までにauデータMAXプランにプラン変更した方もキャンペーン適用できます。

テザリングなどの20GB制限は別枠?
テザリング、データローミング、データシェアに対する20GB制限はスマホ本体の通信とは別枠です。

もしテザリングで20GB使い切ってしまっても、スマホでのデータ通信が制限されることはありません。

▼無制限プランにすべきかどうか・・「ギガがすぐなくなる」方に試してもらいたい対策がこちら。

「ギガがすぐなくなる」という人が今から実践できる対策5選

2018.05.12

au新プラン適用可能なオプション・割引サービス

新プランのサービス開始に伴い、適用できる割引サービスも変わります。

ここでは今後も継続して適用させることができる割引・サービスをご紹介します。

通話定額はオプションに変更

データ通信に関するプランばかり注目しましたが、auの新プランは通話プランも大きく変化しました。

まず、基本的には「新auピタットプラン」「新auフラットプラン7プラス」「auデータMAXプラン」を契約することで通話も利用することが可能です。

ただし、このままでは通話料が別途20円/30秒かかります。

全く通話しない方であれば問題はありませんし、家族間での通話は家族割のグループを組むことで無料で通話ができます。

もし通話料を気にすることなくたくさん通話したい方は、通話定額オプションを別途選択する必要があります。

サービス名 内容 オプション料金
通話定額ライト 1回5分以内の国内通話が無料 毎月700円(税抜)
※キャンペーン適用で500円(税抜)
通話定額 国内通話が無料 毎月1,700円(税抜)

旧プランでも同じく通話定額の料金プランがありましたが、24時間かけ放題のカケホは2,700円(税抜)/月、1回5分以内かけ放題のスーパーカケホは1,700円(税抜)/月でした。

それぞれ1,000円安くなっており、これはお得になったと感じますね。

また「通話定額ライト スタートキャンペーン」の割引適用期間は加入した翌月から12ヶ月間です。

新たにau家族割プラスが開始

三親等以内の家族で組めば”家族間での通話が無料になる”でお馴染みのau家族割ですが、新たに「au家族割プラス」が始まります。

au家族割プラスは加入する家族の人数に応じて、それぞれの回線の毎月の月額料金から一定金額を割り引くサービスです。
au家族割プラス 3人以上で加入 翌月から永年
-1,000円/月
2人以上で加入 翌月から永年
-500円/月

また、ご家族の方が新プランで契約していなくても、対象となるプランであれば数にカウントされますのでご安心ください。

スマホ向けのプラン ケータイ・ガラホ向けのプラン
割引・人数カウント対象 ・新auピタットプラン

・auフラットプラン7プラス

・auデータMAXプラン

人数カウントのみ対象 ・auフラットプラン20/30

・auフラットプラン25Netflixパック

・auフラットプラン5(学割専用プラン)

・VKプラン

・VKプランS

・VKプランM

・スーパーカケホ(ケータイ)

・カケホ(ケータイ)

もうひとつ、au家族割プラスの適用条件に、auスマートバリューが適用されている・もしくは適用可能な回線である必要があります。

残念ながら、auスマートバリューが適用できない方はau家族割プラスも申し込みができませんのでご注意ください。

サービス提供開始となる2019年6月1日~2019年9月30日までは、「家族割プラス スタートキャンペーン」もスタートします。

家族の人数に関わらず2019年9月30日まで、毎月1,000円(最大割引金額)の割引を受けることができます。

auひかり・固定回線とのセット割も継続

auひかりなどの固定回線や、auスマートポートをセットで契約し、au携帯電話の月額料金から割引を受けることができる「auスマートバリュー」も継続です。

「auフラットプラン7プラス」「auデータMAXプラン」の2つに関しては、翌年から永年-1,000円/月となります。

「新auピタットプラン」はデータ通信量を1GB以上使用した場合のみ、翌月から永年-500円/月となります。

▼ぜひこの機会にauひかりに乗り換えてauスマートバリューを適用させたい方はこちらの記事もおすすめです。

【画像あり】auひかりの工事費や内容&予約方法まで総まとめ

2018.12.18

結局au新プランに変更したらいくらになるのか?

ここまで新プラン・旧プランを個別に比較してきましたがあんまりお得に感じないな、というのが正直な感想ではないでしょうか。

では実際、オプションや割引も含め新プランでは毎月いくらになるのか、本当に4割値下げしているのかシュミレーションしてみましょう。

一人で契約した場合の3パターン

au新プランを一人で使う場合、適用できる可能な割引を組み合わせたら毎月いくらになるのか下記表にまとめました。

【新auピタットプラン】

データ容量 ~1GB ~4GB ~7GB
auスマートバリュー適用 -500円/月 -500円/月
合計額 2,980円(税抜)/月~  3,980円(税抜)/月~  5,480円(税抜)/月~

【auフラットプラン7プラス】

データ容量 7GB
auスマートバリュー適用 -1,000円/月
合計額 4,480円(税抜)/月

【auデータMAXプラン】

データ容量 無制限
auスマートバリュー適用 -1,000円/月
auデータMAXプラン スタートキャンペーン -1,000円/月
※翌月から6ヵ月間
合計額 6,980円(税抜)/月
※翌月から6ヵ月間

プランにもよりますが、使い方によっては旧プランの方がお得な場合もあります。

au新プランは家族での利用がお得!

家族で使う場合は、それぞれがどのプランで契約するかにもよるので、一概に新・旧どちらかのプランが安い!とは断言できません。

しかし複数回線あればau家族割の適用ができますので、1人で利用するより家族まとめての契約がお得です。

まずはauショップなどで見積もりしてもらうのが一番です。

まとめ

最低限のプランと割引を組合わせれば、最大で4割値下げとうたわれるのも間違いではありません。

暫くの間は旧プランも利用できますが、機種変更などのタイミングで変更が必要となってきます。

また、一度変更してしまえば2019年6月30日以降は旧プランに戻せなくなります。

今後を見据えて、自分の利用内容の把握、プランの見積もりをしっかり確認しておくのがベストです。

▼auの新プランもいいけれど、実は格安SIMも検討しているという方はこちらもぜひご覧ください。

auのスマホがそのまま利用できる安くておすすめの格安SIM

2018.03.06

かんきち

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ネット回線・ポケットWi-Fi・格安SIMの最新情報も是非チェックしてください。

今1番お得なキャンペーンもランキングにしています。



ABOUTこの記事をかいた人

マシュマロン

こんにちわ。マシュマロンです。 Androidの2台持ち。時折iPhoneに浮気しながらもandroidが好きで戻ってきてしまうアラサー。 過去には大手携帯3キャリアでショップスタッフや、家電量販店で契約スタッフとして働いていました。辞めた後も毎年機種変更するくらい、常に新しいスマホに興味津々。スマホの中は愛猫2匹と美味しいごはんの写真でいっぱいです。